エアコンクリーニング、掃除を東京、神奈川でしています。

エアコンクリーニングのご用命はクリーンビィズへ

○ハウスクリーニング TOP >> エアコンクリーニング

エアコンの仕組みについて

エアコンは室内機のエバポレーター(フロントカバー、フィルターを外して見える銀色の金属部分)と呼ばれている部分を暖めたり、冷やしたりします。

そこに室内の空気を吸いよせ、集まった空気を暖めたり、冷やしたりし、今度はそれを室内に送り出すことで室内温度を調節していきます。

なぜエアコンは汚れるのか?

上記の仕組みで室内の空気を循環させる際、エアコンは周りの空気をエバポレーター部分に引き寄せます。その際、空気中のゴミやホコリが徐々にエアコンに蓄積されていきます。

フィルターが綺麗なうちはほとんどのゴミやホコリはフィルターでカットされますが、フィルターの網目より細かなものなどが徐々にエバポレーター部分に溜まっていくのです。

また、冷房として使用する際にエバポレーター部分はとても冷たくなるので室内との温度差により結露します。ここで生じた水は室外に排出されるようになっていますが、室内機が水分を保つことでカビの温床になるのです。

なぜ高圧洗浄機を使うのか?

上記の理由により、エアコンではエバポレーター部分に1番ホコリが溜まります。
このエバポレーターは厚さが2cm〜3cmぐらいはあるため、軽く水をかけた程度では
ホコリを押し出す事が出来ないので、高圧洗浄機を利用します。

手動のポンプ式噴霧器では表面のホコリを奥に押しやるだけで、
完全に流し出すことは難しいと考えられます。

市販のスプレー式エアコンクリーニングについて

発売当初に比べて、使いやすく効果も高くなりつつあると思います。

スプレー式は基本的には熱交換器部分のみの洗浄となるのに対して、プロに依頼した場合は熱交換器、ファン、ルーバーと空気の循環ルートを全て洗浄します。

カビはすぐに繁殖するので全てを同時に洗浄するのが望ましいと思われます。
ただ、一時的にエアコンの臭いを消したいときなどにはスプレー式は有効です。

窓型エアコンのクリーニングについて

窓にはめ込んで使用する、窓型エアコンのクリーニングは熱交換機部分と機械部分が密接しているため、クリーニングするには分解する必要があります。

しかし、最近の窓型エアコンは組込み式で分解が難しいため、クリーニングをしている業者さんは少ないと思われます。

分解クリーニングとの違いについて

分解クリーニングは、取り外している状態のエアコンの室内機を分解して、それぞれのパーツごとに洗浄し、組み上げる方法です。

壁についた状態ではクリーニングできない裏面もきれいにクリーニングできます。クリーニング効果は一番高い方法です。

しかし、引越しやリフォームの際などエアコンが取り外されている状態でなければ、することはできません。また、最近のエアコンは多機能化が進んでいるため、以前に比べ完全な分解がしづらくなってきました。

室外機のクリーニングについて

エアコンの室外機についてですが、基本的にクリーニングする必要はありません。

室外機には、冷媒(ガス)を循環させるためのコンプレッサー(圧縮機)がおさめられており、冷媒を循環させ、熱を吸収・放出する役目をしているだけで、室内の空気には直接関係ないからです。

上記の理由から室外機のクリーニングをしている業者さんは少ないと思います。室外機をクリーニングして得られる効果はコンプレッサーの効率がよくなる点ぐらいで、実感するのは難しいでしょう。

室外機の表面の汚れが気になるようであれば、中性洗剤を使用して、拭き掃除をすればよろしいかと思われます。また、熱交換の効率をよくするために、室外機のまわりには物を置かないようにしましょう。

エアコンからの異音について

気密性の高い建物や、マンションの高層階で換気扇をつけたりすると、エアコンから「ポコポコ」と音がすることがあります。これは故障ではなく、エアコンの排水を流すホースを通って外から空気が流れこんできた際、エアコン内部に残っている水を押し上げる際に音が発せられる現象です。専用の部品を取り付けることで音をとめることができます。冷房使用時やエアコンクリーニング後はエアコンのドレンパンというところに水が残ってしまうので起きる可能性がありますが問題はありません。建物の立地条件にも左右されますので、たびたび音がするようであれば、工事業者さんに相談されるとよろしいかと思われます。

普段のお手入れについて

こまめにフィルターを洗浄しましょう。フィルターには使い捨てのもの、水洗い厳禁なものと種類がありますので、エアコンの取扱い説明書を確認しましょう。水洗いできるものは洗浄後、すぐに取り付けるのではなく、陰干しし完全に乾いてから取り付けましょう。半乾きのまま使用すると新しく吸い込んだホコリがフィルターの網目に詰って固まってしまうため、フィルターの効果が損なわれてしまいます。
フロントカバーにつくのは、ほこりやたばこのヤニですので薄めた中性洗剤で拭けばおちます。
ルーバー(風の向きをかえる部分)の裏などに黒い点々が付き始めたら、それはカビですので早めに中性洗剤等で拭き取りましょう。

エアコンクリーニングの効果

不快な臭いはなくなり、エバポレーターの色も見るからに変わり、ほこりやカビを洗浄出来たのが目視できます。効果は使用頻度、喫煙されるかどうかにも左右されますが、 ワンシーズンは効果が期待できます。
また、夏場・冬場のワンシーズン使用すると表面上はどんなにきれいなエアコンも必ず汚れていて、クリーニング時の排水は真っ黒になります。

エアコンクリーニングの頻度

エアコンの使用状況にもよりますが、平均的には2〜3年に一度、クリーニングされると効果的です。
しかしエアコンの風を臭く感じたり、エアコンをつけると目に不快感を感じたらクリーニング時です。エアコンクリーニングには水を使用するため、どうしても機械に必要なグリース(潤滑油)まで流してしまうため、必要以上にエアコンクリーニングすることは避けた方が無難です。グリースが減ってしまうとファン(風を送りだす回転体)の音が大きくなったり、ルーバーの動きが不自然になったりします。

弊社のエアコンクリーニング方針

エアコンも年々進化し、さまざまな機能を備えるようになりました。
それに伴い分解して容易に取り外しが出来ない部品も増えてきました。
弊社もエアコンクリーニングを始めた頃は、すべて分解洗浄していましたが、最近では完全に分解しづらいものの方が多くなってきました。特に最近のエアコンはほとんどの部分がプラッスチック製で、プラスチックは冷暖を繰り返すとともに劣化し折れやすくなります。
この流れを重くうけとめ、弊社なりに考えついた結果が現在のクリーニング方法です。方法は多くの他社さんと変わりはないと思います。
ただ、極力、エアコンの稼働部分にも負担を掛けないように心がけています。

エアコンクリーニング施工手順

作業手順は右の写真の流れに対応しています。ご参考にして下さい。

1.エアコン及び周辺の養生
2.フィルター及びフロントカバーの取り外し
3.洗浄用カバーの取り付け
4.洗浄剤噴霧 (表面活性剤が主成分です)
5.水による高圧洗浄 (お水と洗浄機の電源をお借りします)
6.フィルター・フロントカバーの洗浄 (お風呂場等をお借りします)
7.洗浄カバー撤去及びフィルター・フロントカバーの取り付け
8.養生撤去&試運転

※上記の工程で1台につきにおよそ1時間半を要します。

エアコンクリーニングのご依頼はこちらから

エアコンが壁にかかった状態でクリーニングいたします。室内機のみのクリーニングになります。

エアコンの下に背の高い家具や大型テレビ等がある場合は、事前にご相談下さい

<作業時間の目安>

 壁掛けタイプ
       1時間〜1時間半/1台
 埋め込みタイプ
       2〜3時間/1台


90cm
以内
エアコンクリーニング
夜間作業 エアコンクリーニング
埋込
タイプ
埋込タイプ

その他の費用(出張費・駐車場代)はかかりません。

エアコンクリーニング